ページビューの合計

詳しくはこちらをご覧ください

2014年10月29日水曜日

冬近い雁坂


 見上げると青空。そこにカラマツの葉が黄金色の雨になって降ります。風も無いのに、いつまでもいつまでも降り続けます。
足元はふかふかの絨毯に。
 24日(金)から26日(日)までは暖かく、朝も息が白くなりませんでした。大気は澄み、両神山側を眺めると、遠くに谷川岳・至仏山・燧ケ岳・日光白根山などの峰々が。朝夕は陽が当たると山肌の筋が見えるようです。夜は前橋市の夜景が大きく広がります。ただ、日の出だけはドラマチックな朝焼けの雲もなく、あっさりと上ってしまいますが。紅葉はすでに登山口辺りに降りて行きました。
中央奥、右側が谷川岳
日曜の午後からは雨に。
1日違いで、お客様が目にする景色も大きく変わります。一日ごとに変わり、時間ごとに変わる雁坂の景色や音、空気。
 そして27日(月)にお泊まりのお客様は、翌朝-1度の雁坂を体験していただきました。雁坂小屋的には初霜、初氷、初霜柱です。冬近い雁坂小屋です。水タンクの清掃と貯水。薪の準備。冬を迎える作業が続きます。小屋締めまであとひと月。最後までお客様を暖かくお迎えできるよう奮闘努力しています。
*Tさん、Mさん、学生さんを交えての夜の食飲会議は楽しかったです。Fさん、あまり時間が経つと喉が誘惑に負けるかもしれませんよ。きのこ鍋の皆さん、今度は私的にも登って来てください。北杜市の美女の皆さんまたおいで下さいね。皆さんお待ちしています。

0 件のコメント: