2016年1月29日金曜日

琥珀色の時

朝は煎茶を楽しんでいます
また「雪かもしれない」と言っているときにのん気な話題ですみません。
 普段はうす暗い管理小屋が明るく輝くときがあります。
 春、小屋開け後しばらくと、秋風が吹くころから冬近くまで。朝の一瞬ですが室内が琥珀色になります。
 お客様が背負いあげてくれた琥珀色のビンやパックは和名倉山から昇った朝日の光で輝きます。幸せな瞬間です。「今日も、いい一日になるな」と実感できます。イイチコのパックも柔らかい光を放ちます。
 *管理小屋は窓を全部開ければもっと明るくなるのですが、降りるときのカギ締めが面倒で開けていない窓があるもので。横着な小屋番ですみません。
 *お客様の中には写っているビン物をみて小屋番が“琥珀ものの通”かのように思う方がいるかもしれませんがそれは間違いです。「緑色のビンの光がきれい」とか思っているだけで、銘柄などはチンプンカンプン。産地は、いわれは・・・などと能書はさっぱり分かりません。たまにネットで見て「え、こんなに高いお酒だったの」とビックリすることもあります。「美味しいなあ」とは思いますが、それはお客様とあれこれ話したりしながらチビリチビリするからで、「sun…」とか「nik…」と書いてあるのなら直ぐ読めて安心もします。
 *お酒続きで28日の朝刊埼玉版の記事に、首長ビールが47都道府県シリーズで「のほほんの一番・・・」を夏ごろ発売とか。もしかすると夏の終わりには雁坂へも背負い上げるかもしれません。
 *雪は雲取山荘辺りで50cm。雁坂小屋の庭は吹き溜まりになるのでもっと深いでしょう。峠への道も北面なので深いと思います。気温は終日氷点下。明け方には-15度くらいまで下がっているかと思います。29日夜からまた雪になるかも。くれぐれも気をつけてください。 (83606)

1 件のコメント:

栗島正男 さんのコメント...

琥珀色の向こう側には、自由が見える

束縛と言う現実を逃避する人生に差し込む輝きだ

1860年以来、自由の国に息づく友は、いつも変わらず、俺を癒してくれる

バーボンと言う言葉の響きは琥珀色と共に、身体中の大きな存在となり染み渡る

EARLY TIMESと共に「今年も目指すぞー!!」雁坂を・・・