ページビューの合計

詳しくはこちらをご覧ください

2016年9月26日月曜日

トレラン大会の後、黒岩・突出とも道が大変に荒れています


 先週の日曜日18日にスポーツエイド・ジャパン主催の「雁坂峠越え秩父往還道145km」トレラン大会が行われました。前夜から降り始めた雨は朝になってもやまず、小屋の者は、道は大丈夫だろうか。足や腕をむき出しの格好で滑落事故や低体温症などの事が起きたらどう対処するのだろう。この天気ではヘリは飛ばないし、と気をもんでいました。雨の中を黒岩コースから選手が登ってきます。次第に泥だらけになった姿が目立ってきました。ドロドロの姿は登山道を這い上ってくるから。むき出しの足、腕、顔、ゼッケンや背負っている荷物、どこも泥で汚れていました。後半になるほど激しく汚れています。トイレ脇の水道で手や顔を洗うので、バケツの水が茶色く濁り、何度水を変えてもすぐ濁ります。水を捨てるとバケツの底には泥がたまりました。選手は峠に立ってから突出コースを降りていきました。翌19日に小屋番も黒岩コースを降りました。道の様子は前回のブログに書きましたが、トレランのために道はぐちゃぐちゃ、どろどろ。何か所も路肩が崩れ落ち、こねくり回した泥の斜面になっている。それはひどいものでした。5月の連休以降、ストックを三角フォーに変えて、小屋への登り下りのつど、ちょっとずつ登山道を整備してきた小屋番にとっては耐え難い光景でした。安全に、楽しく上がってきてほしいという願いは、数時間で蹴散らされました。この時にはまだ突出コースの事は確認できていませんでした。
大会後に数名の方からメールが入りました。「登山道をぐちゃぐちゃに荒らしてしまった」事をわび、「何か自分にもできることはないだろうか」と問いかけるものでした。またヤマレコの中にも「雨の為、大会にて参加者が通るため崩れてしまい、最後にボランティアスタッフが下山するころはかなり、【突出コースの】登山道はぐちゃぐちゃでした。」という記事もみました。今回の全ての責任は選手個人ではなく、参加費を集めて開催する主催者にあると考えます。この後、どんな事後の対処をするのか主催者の動きを待っていました。
そして【9月21日に山岳区間を点検・補修作業に行ってまいりました】という主催者のフェイスブックに9月22日1:00にアップされた記事を読み、何か違和感を感じました。「現時点では通過に問題ありませんので、ご安心ください。」というコメントにびっくりなら、記事の構成も何かおかしい。https://www.facebook.com/SportsAidJapan/?hc_ref=PAGES_TIMELINE&fref=nf
1枚だけ張られた写真は苔むす倒木、笹、霧の立ち込める「奥秩父の幽玄さ」を表すイメージ写真。「路面が荒れ、崩壊箇所もあるので、・・・・」などの意見を受けての点検・補修作業なら、なぜその写真を載せてないのか。見せられない状況なのか。それでも、本当に問題はないのか。
今回、24・25日に突出・黒岩登山道の巡視点検をしてきました。実際に見て写真も撮ってきました。現時点で両方のコースとも通ることはできます。が大変に滑りやすく、流れた土壌の回復や、崩れ落ちた路肩など、解決されてはいません。通過に問題はありませんという見解はどこから出てきたのでしょうか。突出コースでは雁道場から突出峠の間が特に荒れています。赤土がむき出しになった滑りやすい場所と、その下に腐葉土層がこねくり回されてグジュグジュになっています。黒岩コースでは天然唐松見本林から先が荒れています。路肩が崩れると、荒れていない足場を求めて次々に山側を通ろうとする。そこでまた滑り・崩しの繰り返しで、谷に向かって滑り落ちそうになる斜面がいくつも。そこには笹の葉や茎、根が下に向かって谷側に押し付けられ、さらに滑りやすくなっている。1週間たってもまだ怖さがある。通過するのが大変。
それから主催者によるであろう補修の跡は3箇所だけ確認した。
「この先、路面が乾くのを待って登山道の整備に入る予定です。」や「トレランの行為によって山を痛めてしまうことは、耐えがたいほど切ないです。」と書いているからには、真摯に回復作業に取り組んでいただきたい。11月に入ると霜が降り、湿った日陰は氷が張るようにもなり、天気の悪い時の作業は逆効果にもなります。あまり時間は残っていません。またこの気象状況で実施したことについてもしっかり検証して今後の事を検討していただきたい。これまでトレランの大会には理解を示してきたつもりだが、今回の事はあまりにもひどい。
ただ、今回の騒動の中で小屋にとって救いだったのは、突出を上がり黒岩を降りて、実際の様子を確認しに来たお客様がいらしたこと。ついこの間フルで走って体力的に厳しい時にもかかわらず。その気持ちがありがたいことです。他にも、個人や有志で何かできないかと考えている方々がいること、メールなどで声を寄せていただいていることがが救いです。
*突出コースの荒れた場所や考えられる仕組み、黒岩コースの荒れの事はまた後日書きます。
*黒岩コース ふくろ久保の手前と、つり橋小屋方向との分岐の先、2か所に倒木が発生しました。また林道入り口から少し進んだ先が土砂崩れしています。歩きで通れますがくれぐれも頭上注意をお願いします。【様子は写真をご覧ください】
*気温は晴れると朝は10度位まで下がります。日が当たると暖かいものの日暮れは徐々に冷え込んできます。

7 件のコメント:

栗島正男 さんのコメント...

酷いですね。自分たちの都合だけではなく、トータルでの状況判断が必要だと思います。

この大会が三富側から登れないのも、主催者側の姿勢が影響しているのかも??しれませんね。

俺も今年に入って、トレランの人に二度ほど後ろから追突されました、お詫びを言うでもなく、振り返っただけで走り去りました。身勝手に自分達が優先だと勘違いしているランナーもいるみたいです。一部のランナーだけだとは思いますが!!。

yoshinori gunji さんのコメント...

こんにちわ。
昨日、無事に下山できた郡司です。

この写真はショックでした。
伺って想像していた以上の惨劇・・・
整備や補修以前の問題かと。
山に入らせていただくには「LowInpact」が常識ではなかったでしょうか?
荒れた道は治せばいい・・・・ そんなことじゃないです。
それでも「奥秩父の幽玄さ・・・」などと云う御仁は、傲慢・偽善としか思えません。

さておき・・・
小屋関係の方、常連の方、天幕の方と、とても楽しい交流ができ素晴らしい想い出をいただきました。
また昨日も、絶景の稜線を満喫!
峠からは初冠雪の富士。
古礼からは
仙丈から光までの南ア稜線。
最高の一日でした。

雁坂小屋様には、とても感謝しております。
お身体にはご自愛頂き、再会できる時を楽しみにしています。
皆様に、宜しくお伝えくださいませ。

(中央道上りの渋滞はショッパカッタ~;;)

f isisan さんのコメント...

栗島様

コメントをありがとうございます。
今回黒岩を降りてくると、かなり太めの倒木が2本出てました。
腰なたではとても処理できず、写真だけ撮って後日段取りを整えて片づけることになります。

前の晩の大風で倒れて。なんでこんな場所で倒れるんだよう。
倒れる向きをちょっと考えてくれれば、余計な仕事にならずに済んだのにと
肝を炒っても自然が相手ではしょうがないことですが。

ただ、原因が人だと分かっていると、つい文句の一つも言いたくなってしまうんで。

だいたい崩れる場所ってのは傾斜が急で、もともと弱い傷つきやすい場所で。
地盤の上に腐葉土なんかがかろうじて乗っかってて、水を含んでも何とかバランスをとっている。
今年みたいに長雨で山がめいっぱいの状態で水をため込んでいてくれるところを
大勢が通ってゆすぶってしまうと、持ちこたえられなくっておっこっちゃう。
一人二人だったら平気なんですけれどね。団体さんになるとどうしたって加えられる力が違ってくるから。

一回はがれたとこはかさぶたみたいなもんで、完全に治らないうちにまたいじくられると血がにじむ、の繰り返し。
傾斜があるから踏ん張って歩かないと渡れないし、ちょっと力を掛けすぎれば崩れるし。
荷物背負っていて落っこちたくはないから余計に力が入っちゃうし。
黒岩のあそこなんかは、うまく付き合ってやらないといけないところなんで。
今はかさぶたがはがれて、血がにじんだり汁が垂れている状態で、痛々しいですよ。

栗島さん、こういうのは本当にくたびれますね。心が痛むのは嫌ですよ。
なんだか栗島さんに愚痴を聞いてもらった気がします。すみません。
また、ランプ付けてゆっくりお話しさせてください。
いつもありがとうございます。

栗島正男 さんのコメント...

本当は登山道が酷い事になると予測出来たランナーも居るはず。
「バカヤローふざけんじゃねぇよ」「山道で走るんじゃねーよ」と大声で叫びてぇぐらいです。
ただ、ルールを守って登山者に気遣いできるランナーがほとんどで、ルールを守らないのは一部のランナーだと思います。

良い主催者は、大自然の事を第一に考え、日程変更、コース変更、中止も視野に大会を組み立てる主催者もいると聞きました。今回の主催者もそうであって欲しいものです。スタッフ総出で回復作業に取り組む主催者であって欲しいものです。
・・・・無理かな?。
・・・・無理だろうな!。

タイムを競ったり順位を付けたりせずに、純粋にトレイルランニングを楽しむ大会だったら問題なんて起こらない様な気がします。大自然を大切に人に優しい大会であって欲しい。と言うのが俺の希望ですね。

俺もルールを守り、自然を大切にできる登山者になりたいものです。

f isisan さんのコメント...

またまた栗島さんありがとうございました。
山の楽しみ方も、昔では考えられなかったほど広がっているなあと思います。
小屋で話を聞いているとトレランをやっている方も、登山から始めてそれからトレランもやるようになった方と、マラソンを先に初めてトレランもやるようになった人とで、感覚というのか捉え方が違うと聞きますよ。
俺は走るのは全くダメでやったことないからわからないけれど。

タイム関係なく、走りながら景色楽しんだりしてもらえたら私もうれしいなあ。
退屈しない様に、黒岩や突出にご案内看板掛けても、ぴゅーと走り抜けていくと読んでる暇もないでしょうから。景色のいいところは立ち寄ってもらえるといいんですがね。

ところで、今回は10月中に修復作業を行う旨、主催者の方から発信していただきましたので、今後の様子を拝見していこうと思います。

この間もお客様に書いたことですが、
「トレランが入ると道が荒れる」と言われれば嫌われ者になるわけですが、
後始末をきっちりとやり、
「トレランが入るとだんだん道がよくなる」と噂が流れるようになればいいわけです。
今回の事が結果としていい方向になってくれればと思っていますが。

それからもう今週末は10月。薪や水道の凍結対策や…何よりまだ水量が多くて手が出せていないタンク周りの作業や結構ハードな2か月を過ごすことになりそうです。
そんな時には笑顔のお客さんと、一杯あればゆうことなしです。待っています。

栗島正男 さんのコメント...

さすがisi先輩!大人の対応、頭が下がります。
必ず、トレイルランニングの人達に思いは届きますよ。

今年はまだまだ予定が立てられない俺ですが、色々な話し!聞きたくなりました。無理しても10月中に雁坂に登りたいです。

オーナー、isi先輩、作業は無理せず安全第一にお願いします。

f isisan さんのコメント...

郡司様ま

コメント、今発見しました。気づかなくてすみません。

先日は雁坂へおいでいただき有難うございました。
私も急に泊まることになっての出会い。よかったです。
これが体力が有り余っている頃で、突出・黒岩を一日で回ってしまたら、この出会いはなかったわけですから。
ゆっくりのんびり何かを楽しむのは性に合っています。
郡司様も出発早かったですものね。
でもそれで雪富士を楽しんでいただけたわけですからよかった。

今回の記事はいきなり二日間で1万ものアクセスがあり、正直に言うとびっくりです。
予想もしていませんでした。
いろいろなところから問い合わせもいただいて、反響の大きさに何度もびっくり。

10月に取り組んでいただく修復作業などまた様子をお知らせして
いい結果になりましたという報告ができるよう小屋にも頑張って上がって行きます。

またぜひぜひおいでください。湯たんぽ用意して待っています。
あ、来春だって寒いから湯たんぽです。
楽しみにしております。