ページビューの合計

詳しくはこちらをご覧ください

2015年7月21日火曜日

台風・梅雨明け・暑い熱い雁坂

朝、窓の向こうに谷川や尾瀬が
梅雨明け前、台風の残り
土曜日に分水嶺トレイルが有るので金曜に上がりました。今回は増水を警戒し黒岩コースを。前半は激しい雨。背負子を下ろし、まるまるようにして朝・昼飯を抱えて食べても直ぐにびちゃびちゃになる飯。木々の間から降る雨粒が大きくて良く見える。途中から雨が止み風になる。水晶谷の谷底らか強烈に吹き上げてくる。雨具のズボンが激しくはためく。濡れた衣類が体が一気に冷える。巨木が目の前でユッサかユッサと揺れる。『ギギュー』と木々の擦れ合う音が頭上で不気味に響く。枯れたまま引っかかっていた枝が落ちてくる。下から突き上げる風で桟道渡りは危うく豆焼き谷側に吹き落されそうに。午後にはゴローさんも小屋へ。風は翌日の午後まで吹き続けていた。でも台風のお陰で水の心配はとりあえずなくなった。
朝焼けの雲と奥に小さく見える雲取山
ランプに変わると『終電のない居酒屋』
土曜は恒例の『食飲研修』でテントのお客様と熱い夜に。その後トレランのお客さまの対応も。にぎやかで忙しい熱い夜になった。日曜、日の出の頃には両神山の向こうに尾瀬や日光の山もチラチラ見え隠れ。赤く焼けていく雲、遠くの夏雲も見る事ができ、気持ちのいい一日の始まり。この景色がお客様へのお土産に。昼過ぎにはまたまた懐かしいお客様を迎え、みんなで遊んじゃった。夜はやっぱり『食飲研修』に。この晩は『食』の部分もより充実。ランプに切り替えると『終電のない居酒屋』状態に。翌朝、早出をしたお客様、寝不足にしてしまいごめんなさい。
前橋の上に赤く染まる雲海
遠くは尾瀬・日光の山並み
海の日は山も暑い。朝方は15℃だったのが日中は25℃。そして昼過ぎから雷鳴と激しい雨が通り過ぎる。小屋の周りで気の早いナナカマドの枝がいくつか赤くなり、アキノキリンソウもちらほら花をつける。クルマユリも咲きました。穂先が赤くなっていたヤナギランは台風の風で相当に痛めつけられてしまった。これから梅雨明けで、しばらくはいいお天気になりそうですが、午後から雨が降る事もあるので早めの行動にしてください。
 『食飲研修』に参加された皆様、ありがとうございました。仕事で本物の「職員研修」の時など、いろいろ疲れを感じることもあると思います。そんな時には雁坂の夜を思い出し、とりあえず乗り切ってくださいませ。そしてまた上がってきてください。いつでも『食飲研修』を開催いたしますから。暑さには負けないで!!
今度の土曜日25日は、沢登り中に滑落した登山者を救助するための防災ヘリが水晶谷に墜落し、5名の方が殉職した日。2010年7月25日11時ごろ。更に1週間後には報道関係の方が2名亡くなる事故も発生。小屋関係者は黒岩コースを上り下りする時、自分の決めた場所で合掌をしています。5年が過ぎました。慰霊碑が『出会いの丘』にあります。
テントのお客様、テントを張った後、暑かったら小屋の方で写真など見ながら涼んでください。遠慮せずに。
*登山道の笹刈りは今週も行います。ブログをご覧になり作業中に待って頂いたお客様ありがとうございます。気づかない様子の時は大声をかけてくださいませ。
*埼玉県警山岳救助隊ニュースが更新されています。
http://www.police.pref.saitama.lg.jp/d0010/kurashi/documents/2015natsugou.pdf

0 件のコメント: