2016年3月21日月曜日

春かと思えば

また、宿泊小屋の屋根は雪が無い
トイレからテント場方向をのぞむ
今週もお客様のmasatさんから雁坂の様子を送っていただきました。ありがとうございます。ブログのタイトルも文章もほぼそのまま使わせていただきました。杉花粉の影響で鼻も目も頭の中もグジャグジャの小屋番はただただ感謝・感謝です。
『日・月と小屋に上がって来ました今回は黒岩から登り、小屋からは雁峠を目指す予定で。でも朝まで小雪がちらつき新たに2センチほど積もり、ガスガスだったので三富に降りました。雪は黒岩ルートは予想より少なく、深いのは小屋に近い所のみ。ワカン・アイゼンは使わずにすみました。小屋から峠はノートレースでワカン使いましたが難儀しました。峠は三富側と雁峠側にトレースありました。2月に比べれば大分積雪が減りました。日中は宿泊棟の温度計で6℃と春近いといった陽気でした。夜明けの頃は-4℃程まで下がりましたがすっかり青い屋根も見えてました。まだしばらくは雪が緩んで気をつける所も多いですし、事故なくいい小屋開けが迎えれるといいですね。』
*masatさん、本当にありがとうございました。
*東京は今日桜が開花とのこと。雁坂の桜は5月になってからです。テント場の奥のほうに咲きます。
*全体的に雪は少なめですが、この時期の突出コースは小屋へ近くなっての巻き道が厳しいです。沢筋を横切るのに、踏み固めるそばから上から雪が流れ落ちてきます。沢筋は北面で陽があたらず凍えています。小さな雪崩も起こりやすいです。小屋を目前にして最後に時間をとられます。特に単独行では危険です。

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

20日に黒文字橋から雁坂小屋を目指しました。
文面にある通り、沢を越えて北側斜面に差し掛かったとたん、
道の形跡が分からなくなりました。
ぐずぐずと崩れる雪が膝以上の深さになり、
傾斜も大きなトラバースになることから
断念して引き返しました。
遠くに小屋が見えていたので非常に残念でしたが
どこまでこの状況が続くのかが分からなかっため
今回はこの判断で正解だったと思います。

ああ、帰りに黒岩ルートを歩きたかったのに…。
また行きます!

f isisan さんのコメント...

そうでしたか。
沢筋の部分は道幅があまり広くないところもあります。
上からサラサラと粉雪が落ちてきて、斜面に厚く雪がはり付いています。
足場を作ろうと踏み出して踏むそばから埋まり体力を消耗します。
さらに踏み出した所が地面とは限らず、
場合によってはそのまま自分の重みで雪と一緒に下へ持っていかれます。
身動きがが取れなくなり、あそこに小屋が見えていながら・・・と。
単独でなければまだ何とかなるかもしれませんが。

そのようなわけで判断はまさに大正解ですよ。良かったです、ご無事で。
また、暖かくなっていい季節においでくださいませ。