ページビューの合計

詳しくはこちらをご覧ください

2016年11月21日月曜日

2016小屋締め

今年も暖かい小屋締めとなりました。
19日(土)は天気予報通り朝から冷たい雨。そのため通りすがりのお客様は一組だけでした。
ほかのお客様は、小屋へ来ること、みんなに逢うことが目的。もちろん小屋締め作業の手伝いもしたいという方も。百名山目的でも三大峠目的でもなく、雁坂小屋が目的。小屋にとってはこんなに嬉しくありがたくことはありません。
そして、「飲ませたい」、「あの人と一緒に飲みたい」とビン物を色いろ背負って。仕事で登れないので、託して「持ち上げてもらう」お客さまも。「食べさせたい」、「食べてほしい」と食材を上げてきて、調理も手際よく。自分もみんなも楽しんで、夜が更けるまであれやこれや話しが続きました。横浜から、川崎から、多摩から、都内から、さいたまから、福島から。そう福島からも来ていただきました。
ボージョレ・ヌーボーの金色ワインと山梨のワイン・日本酒と、秩父の日本酒と福島の日本酒。そしてビールに焼酎とが仲立ちになって交流していきます。
あ、小屋締め作業も勿論ちゃんと行いましたよ。
今年の出来事を振り
返り、感謝と来年への
思いをこめて
煙突のすす払い。宿泊室の念入りな掃除。水源タンクは溜めバルブを解放。パイプ途中にあるバルブも全部開いて水抜き。ベンチ脇の半ドラムも片づけました。小屋には水は全く来ておりません。申し訳ありませんが川又方向へ1kmいった昇龍の滝で汲んでください。小屋入り口に案内が出ております。古材などを切って薪も来春の分を確保。トイレの個室は2つ冬季閉鎖をしてあります。トイレ使用の方は貼ってある「お願い」を読んでください。作業用のテーブルなども片づけました。
これらの作業を皆さんで分担して取り組んでもらいました。だもので気が付くとそれらの作業の写真がない。写真を撮る暇もなく頑張っていたという事です。

幸せだったのは作業が終わって、皆さんでのお昼を外のテーブルで頂いたこと。それだけ暖かい雁坂だったと言うことで、暖かいのは幸せです。

  お客様へ
 雁坂小屋は11月20日、営業を無事に終了いたしました。
春の小屋明けには雪がほとんど消え、水も最初から来ていました。暖かなゴールデンウイーク。夏の水不足が心配でした。ところが8月半ばから10月にかけては雨続きの日々。登山道の騒動も重なり、この時は本当に参りました。前半は暖かさに救われ、後半は雨に泣かされた雁坂でした。それでもお馴染みのお客様をはじめとして、皆様に来ていただき誠にありがとうございました。深く感謝を申し上げます。また「雁坂手ぬぐい」を小屋明けから販売し、途中で追加注文をすることもできました。ありがとうございました。
来年も、多くの皆様に喜んで来ていただける山小屋になるよう努力をしてまいります。どうぞよろしくお願いいたします。
来シーズンも皆様のお越しを心よりお待ち致しております。
                    雁坂小屋 山中五郎


*冬季期間は宿泊棟の土間の部分が開放してあります。開放中の小屋使用については、入り口扉や小屋の中に掲示してありますのでご覧ください。また次回のブログで水場のご案内や小屋使用、トイレのことなどお願いを掲載いたします。
*小屋に設置してあります登山届の箱に投入されていた書類は、20日に埼玉県警秩父警察署にお届をいたしました。大きな事故等なくこのシーズンを終えることができたのも皆様の日頃の安全に対しての心がけと慎重な行動のおかげです。
*冬季期間に小屋をご利用のお客様へお願いですが、ブログの原稿を送ってくれませんか。
小屋までの道の様子、雪の状況、気温、動植物の動き…などなどどのような事でも。写真は長辺で1000pixelsくらいあると助かります。顔など個人が特定できそうな写真は加工させてもらう場合があります。また、いただいても掲載できないこともあります。
送り先は karisakakoya@gmail.com までお願いいたします。
*現在登山道には落ち葉がたくさん積もっています。スリップ事故に気を付けて歩いてください。
*9月26日の登山道の記事に、20日の午前中にいきなり91件のアクセス。21日になってもまだ続いている。何があったのだろう?
追加:わかりました20日の埼玉新聞にトレランのことが掲載されたからのようです。記事によると
来年度の「雁坂峠越え秩父往還道145km」トレラン大会は行わないと主催者が話しているようです。FBには何もこれらのことは表明されていませんが、「雁坂みちを守る会」(仮称)を立ち上げてといった話はどうなるのでしょうか。

*追伸:22日早朝に発生した地震の後、午前8時前にオーナーから先日の福島のお客様は「高台に避難している」と連絡取れたからと。一安心しました。

8 件のコメント:

栗島正男 さんのコメント...

オーナー。先輩。今年の営業・小屋締め、「お疲れ様でした」。

大勢の人達に愛される雁坂小屋。スタッフの皆さんの心遣い、人柄、集う皆さんの思い。登山の情報、経験、体験。食飲研修を通してつながる、山男・山女、子供も大人も、老いも若きも。全てが融合する雁坂小屋が来年も再来年も末永く皆さんの憩いの場であって欲しいものです。そう思うのは俺だけでは無いと思います。

今年の前半は膝を痛めて思うように登れなかった俺、来年はもう少し多く登りたいと思います。

小屋を愛する皆さん、お会いする機会が有れば「宜しくお願いします」。オーナー・先輩、来年も色々な話!!聞かせて下さい。

書き込みでご迷惑掛けてるかもしれませんが、(雁坂小屋公式ブログ)盛り上がれば「いいな」何て思ってる俺!!です。

                                     !!いつも単独行動なジジイ!!

f isisan さんのコメント...
このコメントは投稿者によって削除されました。
f isisan さんのコメント...

栗島様

小屋番にとっての「小屋締め」は、まるで大みそかを迎えるような気がするものです。
あちこち来春に備えて片づけたり、無人の間に痛まないように手当をして、バタバタと。
作業をしながらも、春先から小屋締めまでの出来事を少しずつ思い出していました。
雨もよく降って、お天気が悪くて泣かされたし、それでも上ってきてくれる人がいて、嬉しくってね。
栗島さんもだけど、ホントにお客さんに来てもらって、助けられてきたなあとしみじみ思いながら
小屋を降りてきました。

栗島さんの書き込みで助けられました。
ブログの本文は雁坂小屋の公式な面を持っていますが、ここは一個人の気持ちだけで書けますから。

日曜から過去の記事へのアクセスに動きがあって不思議に感じていたのですが、
トレランのことが埼玉新聞に載っていたようで、その中に来年の雁坂峠の大会は行わなとかありました。
ネット上の埼玉新聞の記事では見たのですが、今度図書館で新聞を見てきます。

栗島さん、また春になって、水もたっぷり出て、それほど寒くもなくて、歩いてて気持ちいいなあという時期になったらお目にかかりましょう。

色いろ本当にありがとうございます。

2016年11月23日水曜日 3:08:00 JST 削除

栗島正男 さんのコメント...


「記事」見ました。

今月19日、秩父市であったFTR1000も650人のランナーが参加。ほとんどの人達がマナーを守ってトレランを楽しんだと思うけど一部のランナーは酷かった!!、街中でも信号無視や子供たちが歩く横を走り抜けてた。前週には琴平ハイキングコースで練習してる若いランナー達が猛スピードで走り、コース外を走ったり藪から出て来たりと酷い光景を見ました。人数が増えれば一部マナーを守れない人達が出てくる。タイム等を競うのではなく、大自然に身を置き、大自然を愛しむ、そんな大会が増えれば「いいな」何て思っています。

(雁坂峠越え秩父往還道)トレイルランニングも中止との事。問題が起きれば「中止すればいい」では何だか釈然としませんね、大勢の皆さんが参加されてたのに!!。
ただ、主催者のFB見ると数多くの大会を企画されてる様ですね、地元秩父の山が荒らされない事を祈るばかりです。

俺も「責任を持って登山を楽しむ、ルールは守る」強く自分自身に言い聞かせ、日本トレイルランニング協会の自然保護規定も参考に、自然を守れるよう努力します。

また来年もお世話になります。

日本トレイルランニング協会 自然保護 規定


1、  大会主催者はトレイル(山道)コース設定にあたり、自然保護を最優先課題とし、環境を破壊しない様に配慮すること。
2、  大会主催者は大会終了後、使用したトレイル(山道)コースを点検し、必要な修復を行うこと。
3、  大会主催者は競技者に自然と向き合う心構え、自然体験、自然保護の重要性を啓蒙すること。
4、  大会主催者は大会で発生した設置物やごみ等は速やかに撤去処理し、地元の自然環境を汚さず迷惑をかけないこと。
5、  主催者は競技参加選手のし尿処理に配慮し、し尿の持ち帰りを奨励、ないし所定場所での集荷処理を行うこと。
6、  主催者は自然への負担を最小限に留める事に配慮しそのための努力を怠らないよう活動すること。
7、 主催者はトレイル(山道)が様々な種類のスポーツを楽しむ人たちによって多目的に使用され、
   お互い気持ちよくトレイルを共有できるによう協力すること。
8、 主催者はトレイル(山道)でヘッドフォンをつけながら使用している人やごみ等を捨てる人等に注意を喚起すること。
9、 主催者はトレイル(山道)の点検、修復、清掃にボランテイアや募金活動に努力し  トレイルの維持管理に努力すること。
10、主催者はトレイル(山道)を安全に使用するための講習会、自然界に生息する植物や野生動物、
   自然環境に関する知識のための講習会の開催に努力すること。

n本 さんのコメント...

こんばんは。
地震へのお気遣いありがとうございます。
自宅が沿岸部のため一時避難しましたが、今はまた日常に戻りました。
雁坂小屋の方からも暖かいお言葉をいただき、ありがとうございました。

来年また笑顔で雁坂小屋へお邪魔できますように、みなさんとお会いできますように。
そのときはどうぞよろしくお願いいたします。

f isisan さんのコメント...
このコメントは投稿者によって削除されました。
f isisan さんのコメント...

栗島様

トレランの事は埼玉新聞に、ブログへの記事のリンクをお願いがてら聞いてみましたら、来年度の大会をやらないと言う主催者の言葉ではなく、環境事務所が認めない方向でいることからあのような表現になったようです。
環境事務所にはお聞きしていませんのでそれ以上はわかりませんが。

ただ、7月に青梅から長野まで走り抜けるトレランの大会もあり、こちらは選手の方々も夜中に水をくむにも大変に気をつかっている団体で、こちらまでがとばっちりを受けなけれいいのだけれどと心配しています。

SEJの場合は大会直前に道しるべを付けて回った時に、例年とは違って突出コースなどは普段水の流れていない場所に何本も水が流れ出していた事、ブログでも書いた水源の崩落もあった事、明らかに異常な様子が見て取れるにもかかわらず、異常を感じなかった。あるいは、感じても何らかの手立てを事前にとれなかった環境保護の観点のなさ。

また、大会当日も係員が雨が降ることを予言していた発言が参加選手のブログなどにも見受けられる。
当然雨の中を200人を超す人間が走りぬけることがわかっていた。
それでもコースを変えるなどの手立てもなく普通に実施をした。環境面よりも経済性などが優先されたから。
その結果、選手の安全管理と環境保護の面がないがしろになっている。実際1名の方は橋から落ちている。幸い大事には至らなかったが。これは運が良かっただけ。

大会を実施して道が荒れたにもかかわらず、22日の問題ありませんというFBでの表明。
直後、「ご苦労様でした」と多くの選手の方々が書き込み。山間部を走る方々にしては認識が甘いと感じましたが。山の神について異議を書いていた方がいたことが小屋番としては救いでした。でもこれには主催者の返事はなし。他の書き込みでも都合の悪い記事には返事が全くなされない。

更に小屋のブログが(9月26日)出た直後に訂正とお詫びを載せる。
普通なら、21日にきちんと点検をして自信を持っているなら再度点検に上がって
「点検が不十分だった」などの言葉を付けて訂正をするものですが、数時間後の訂正表明。
これではまるで21日の点検で道が荒れていることを認識していながら、あえて「問題ない」と書いたと思わざるを得ない。何でそんな行動をするんでしょ。いろいろ勘ぐってしまいます。

3日間とった登山道整備は一般の登山者に迷惑がかかるとの理由で平日に行う。土日なら参加した選手も手伝えるのに、前後の土日はほかの大会があるからなどのSEJの都合ではないのかな。でも考えてみると大会そのものはシルバーウイークの真ん中に実施いている。普通なら一般の登山者が大勢登る日。大きな矛盾。これじゃあ仮に来年実施できたとしても平日開催しかできない訳で。

改修の後の点検が不十分なのか二日間で終わりにしたにもかかわらず、小屋から分岐、県境縦走路、突出コースが十分に修復されていない。
その指摘した後は今度は平日ではなく「文化の日」におこなっている。
「雁坂道を守る会」も立ち上げるとかも。どうなったかな。

書いていけばいくつもいくつも、間違いをおかしています。
「雁坂を愛して」的な言葉を並べているにしては、あまりにも誠実とは言えない行動、矛盾だらけの行動が目立ちます。

これでは来年許可が出なくても仕方がないかと思います。

でも栗島さん、「来年は実施しません」とは主催者が表明したわけではないのでFBにも出てこないのだと思いますよ。


2016年11月24日木曜日 20:08:00 JST 削除

f isisan さんのコメント...

n本さん

わざわざコメントをありがとうございました。
少し落ち着いてきたでしょうか。

トレランの大会が行われた日に、たまたま皆さんが立ち寄ってくれたことから始まったつながり。
何ができる訳ではないけれど、どうしているかな?
元気なのかなあ?
と、福島と埼玉と東京と神奈川と…みんなが気にしあうつながりがなんだかいいですね。

また、暖かくなったらおいで下さい。
n本さんが来るって知らせると、よしそれならって 上がってくる人も多いと思いますから。