2016年11月7日月曜日

水道が凍結

この連休、昼間は気持ちのいい青空。ただ文化の日の夜はすごく冷えて、翌朝は豆焼き沢からの水が凍結。幸い近い沢からの水がまだ生きていて完全に止まることがなく済みました。
大弛や、笠取からおいでのお客様が「ゆうべは寒くてなかなか眠れなかった」と口々に。小屋の前にあるドラム缶にも2cmくらいの厚さの氷が張り一日中とけませんでした。
冷えると空気が澄み遠くの眺めは良くなります。谷川から日光白根までは雪をかぶって白くなった山々が見えました。「燧ケ岳の左側も白いでしょう」などとお客さまに説明していて、カメラに記録するのをすっかり忘れた小屋番ですが。あちらはすっかり冬景色。
寒くなった分、食飲研修は熱く、多くの方々に参加していただいて盛り上がりました。馬刺し、ほうとう、餃子、鮭やもろもろ鍋、デザートまで。いろいろ沢山いただきました。食材を運んでくれた方。調理の腕を振るってくれた方。皆さんありがとうございました。研修に参加の方々にも感謝いたします。かなり昔、テントでひっそりと夜を過ごしていた小屋番は、こういう光景が嬉しく、まぶしく感じています。寒い夜には湯たんぽも大活躍。
水道:凍結に備え、突出コースを50mくらい行ったところで、道の下に放水しています。水場に出ていない場合はこちらを使ってください。宿泊棟入り口に表示してあります。また、来春の雪からタンクを掘り出す時のガイドロープを設置しました。
熊:突出コースの地蔵岩の道標が見るも無残な姿に。ここまで徹底的にやられるとは。まだ熊鈴は必要です。
紅葉:突出峠やあせみ峠から下ではまだ楽しめるかもしれません。
寒さ:マイナスまで下がったり、日曜の朝は4~5℃あって暖かかったり。今週半ばからは冷えてきますので寒さ対策はしっかりお願いします。小屋へ着く時間も暗くなる前に着くよう計画をしてください。
今度の土曜日:貸し切りになっています。テントは大丈夫です。また緊急時には対応いたします。
一口メモ:小屋から下りて疲れが残り、ブログの締め切りも迫る時に、出来心でアルコールを口にしてパソコンの設定などをいじると、結果、翌日一日かけてリカバリする羽目になります。皆さん気を付けてくださいませ。ついやっちゃいました。
小屋へ上がるのもあと2回。最後までお付き合いください。よろしくお願いします。

3 件のコメント:

栗島正男 さんのコメント...

聞こえましたよ😄。
大勢の皆さんの!、笑い声、山への思い、経験、体験、人生さえも。
オーナー!先輩!の語らいが、心に響き酒が進みましたね😱。

俺の寝床(秩父盆地)まで聞こえましたよ😄。
小屋閉めまで後二週、秩父盆地から聞き耳立ててます。😅😅😅

立ての糸と横の糸!。
オーナー!先輩!と、山を愛する皆さん!。
雁坂小屋はみんなが集う交差点。ナンチャツテ!
俺!そう思ってますよ。来年またお邪魔します。

いつも単独ジジイの戯言(。>д<)です。

f isisan さんのコメント...

栗島さん

寒さが増してくると、お酒などうまそうに飲んでいるときの顔が、よけい輝いて見える。いいんですよ。
「あ、椅子が足りねえかな」「まだお酒残っているかな」なんて思いながら皆さんの様子を見ていると、
山の中じゃあないような気がしてくる。どなたもが昔からの知り合いみたいに思える。その時間が嬉しいんですよ。人が大勢っていうのはありがたいですよ。

それから、やっぱりお酒は小屋で楽しむのがいいみたいです。
降りてきてついつい一口やっちゃって。

昔から試験勉強をしなくてはならない時に限って、なぜか全く関係のない本に手を伸ばす。
そう言う性分でしたが、今回もつい設定なんぞいじってしまって。なんでだかよくわかんないんですがね。

結果翌朝パソコンが開けず、アウト。いじった記憶だけしか残ってなくて。
困ったものです。

いろいろありながらも小屋締めまであと少し。
春に向けての準備もしています。また来年ですね。
特性木札の付いた栗島ボトルも小屋で年を越します。
春の栗島さんを待っています。

栗島正男 さんのコメント...

「ありがとうございます」
2017年用の木札、構想中!!です。小学生の工作程度ですけど。