2015年6月22日月曜日

梅雨空の雁坂で楽しいひと時が

 雁坂もすっかり梅雨空に。ときおり激しく降り、すぐに音が消え小屋は霧に包まれます。しばらくすると霧は晴れて向こうの尾根の❤マークが姿を現します。刻々と変化を繰り返していく梅雨時の雁坂。ずっと見ていても飽きない奥秩父の一つの姿です。雨の音と鳥の鳴き声だけの濃い霧の中を歩くのもまた楽しい時です。
 土曜日には、昨年の秋に続き『第2回ヤマレコユーザー、雁坂小屋で逢いましょう。‘15春』の皆さんが来てくれました。雁坂とヤマレコがきっかけで知り合ったお客様。4つのコースで小屋を目指して登ってきた皆さんが持ち寄った食材やお料理、各種のお酒で、お腹もノドも、いっぱいに楽しみました。そして耳では楽器の演奏も。あっちでこっちで、話して、飲んで、笑って、楽しんで、夜遅くまでワイワイ、ガヤガヤと愉快な時間が流れて行きました。小屋番も一緒になって翌朝のご飯まで頂いてしまいました。
 皆さんありがとう。ほんとうに幸せな時と笑顔を今回もプレゼントして頂きました。こんな楽しい事が年に何回かあれば、これからも小屋番はずっとニコニコとお客様をお迎えできます。ただただ感謝です。 ヤマレコにもこのときの様子がアップされるかな。皆さんをお送りした後の寂しい時間。オーナーも私も、二人ともしばらく黙って寝具や食器の片づけをしていました。
6月20日AM4:34 小屋の庭より
それから何と自然もプレゼントを届けてくれました。19日(金)はずっと雨降り。テントもびっしょり。ところが一夜明けた20日の朝、小屋の庭から両神山、その向こうに谷川岳、尾瀬の山、日光の山々が現れました。赤城山もくっきりと存在を主張しています。「この季節に?」とおどろくほど遠くの山並みも一つ一つがはっきりと見えます。4時15分頃からは空も途中の雲海も赤く染まり始め、日が昇ってからも刻々と色を変えていく山々。テントのお客様とこの至福のひと時をじっくりと味わいました。右の写真は後日大きく印刷して小屋に張っておきますね。見てください。

*今回はバンダナのご紹介です。秩父多摩甲斐国立公園にある山小屋の「東アルプス楽集国」がバンダナを作りました。デザインはそれぞれの小屋のオーナーの似顔絵が。雁坂小屋のゴローさんも左の〇印の所に載っております。各山小屋で販売していますが、ぜひ雁坂小屋でお買い求めください。
1枚800円です。よろしくお願いいたしますね。

0 件のコメント: