2016年5月10日火曜日

暖かなGW 次は石楠花

6日朝、両神山の向こうに
谷川・尾瀬・日光の山並みが
 大型連休中、大勢のお客様に来ていただきありがとうございました。雁坂周辺では事故や遭難も無く終わりました。ただ、防災ヘリが二度ほど捜索飛行しているのを見ました。
 今回はお手伝いのスタッフもいて、にぎやか華やかな雁坂小屋になりました。
前半はお客様が集中してテン場が一杯で混雑しました。3日夜からの大荒れの後は夏の日差しと青空。朝の気温も30日に-2℃になっただけで後は5~7℃と大変に暖かい。雪が少なく小屋周辺の苔も笹もカサカサで乾ききっています。今から水枯れが心配。
食飲研修にご参加の皆さん
ありがとうございました
2日においでになったお客様。「なぜ雁坂へ?」とお聞きすると「ブログに雁坂へ上がってきませんかとあったので」と。この一言はブログ担当にとっては嬉しいなあ。終始にこやかで笑顔が素敵。三富へ下るときすれ違った雁坂のスタッフさんたちも口々にお客さまの微笑が印象的だったと話していました。またきてくれるかな。
 7日には去年テント泊して食飲研修に参加した息子さんが、「とってもいいところだから」と、お母さんを誘って上がってくれました。お母さんも食飲研修やる気満々。手料理をたくさん持って管理小屋へ。夕方から研修が始まりました。せっせと母の食事を作る息子と、黙って見つめる母。二人の姿を見ている私も幸せでした。そのほかにも思い出に残る方々がたくさん。皆さん本当にありがとうございました。
8日の石楠花のつぼみや桜
*3日の夜、大荒れのお天気の中、管理小屋でお祝いの会が開かれました。いつも小屋を助けてくれる方がお相手の女性と一緒に登ってきました。お二人でキャンドルをフーッ。皆さんが上げてくれたシャンパンで乾杯。馳走もたくさん。「彼のどこにひかれたのですか」と○○文春は取材したのですが、にこやかに彼の顔を見上げるだけ。見ている方がア、チチチチ。おめでとうございました。そして次はだれが雁坂ハートマーク伝説を引き継ぐのかが話題に。雁坂でハートマークを見ると・・・・次はどなたでしょうか????
雁坂周辺の花シャクナゲは日当たりのいいところでつぼみの先が赤くなってきました。21日、28日辺りが見ごろになりそうです。テント場の桜も咲き始めてきました。は今度の土日がいいでしょう。
*小屋から降りてヤマレコを見たら多くの方が雁坂関係でアップしていてビックリ。22名の方には書き込みさせていただきました。うれしい言葉をたくさんいただきました。
------------------------------------------------
【連絡先】 〒369-1901 秩父市大滝3423 山中 五郎
  電話・FAX 0494-55-0456  メール karisakakoya@gmail.com
*スマホなどのお客様は「ウェブバージョンを表示」をクリックして全体像をご覧ください。

0 件のコメント: