ページビューの合計

詳しくはこちらをご覧ください

2014年5月6日火曜日

連休後半

 「秩父山系で遭難?」とニュースが流れ、大変に心配です。これを読んでいるお客様は当然無事に戻られたということでまずは安心です。大変にお疲れさまでした。6日、霧の中を小屋から降りてきました。
 大型連休の後半、特に5月3日、4日は天候にも恵まれ、大変多くのお客様においで頂きまして有難うございました。
 その中で、テント泊のお客様には十分なスペースが確保できず、ご迷惑をおかけしました。特に長い時間を歩き、疲れて遅く到着された方に、雪上や管理小屋の脇など条件の悪い場所に張っていただくことになりました。それが心苦しいです。今後に向けて役所とも相談・お願いをし、テント場を少しでも広げられるように努力をいたします。
 大勢のお客様で、ゆっくりお話しする事もできませんでしたが、雁坂小屋・雁坂峠・奥秩父の印象はどうでしたでしょうか。
・受付で、今日はどちらからとお聞きすると『鴨沢です。明日は増富温泉まで行きます』と言う、まるで天狗のようなお兄さん。
・お隣の甲武信小屋までお使いをお願いし、雁坂に2泊して頂いたお嬢様。有難うございました。また街でもお目に掛かるかもしれないですね。
・『雪やコース情報を得るので、ブログを2回も3回も開いて読みました』と、うれしい事を言ってくれるステキなお二人のお姉さん。今度は一緒にお酒も・・・・。
・カモシカのような足の仙台からのお客様。この時期はいつも奥秩父とか。またおいで下さい。
・16歳の息子さんとお父さん。小屋の脇ですみませんでした。素敵な親子の姿でうらやましいです。
・『日本酒有りますか。とりあえず2パックください。』と言うお二人。とりあえずと言うだけあって、その後も追加注文していただき有難うございました。
・『丹沢ではテントが張れないので、この時期は秩父に来るんです』と神奈川からのお兄さん。なるほどそういう事情もあるのか。
・小屋に着いたお客様のテント場の案内を買って出てくれた、常連のF様。助かりました。
・『軽アイゼンとゲーターを忘れたけど、歩けますかね』と悩む青年。おじさんはゲーターがスパッツの事だと初めて理解した瞬間。
・オーナーの家のある川又から、突出コースを登ってくれた皆さん。そのパワーに驚き、踏み跡を付けて下さった事に心から感謝します。
・雨の5日、10時前に到着し『今日は残ったアルコールの整理です』とテント泊のお二人。そういう山の楽しみ方もいいですね。
・連休最後のお客様はMr,ポストマン。「交通事故には気を付けてね」とセイちゃんからの伝言です。

*前回の『小屋開き』へのアクセス数が数日で130件にもなり、小屋でも「ブログを読んできました」と言う声をたくさん頂きました。本当にありがとうございます。